収入アップで限度額をアップさせたい

収入アップで限度額をアップさせたい

社会人になって作ったカードローン

会社の先輩から、社会人の三種の神器としてクレジットカードとカードローン、スマホは必須とアドバイスを受けました。 クレジットカードにもキャッシング機能はあるものの、金利が高い場合があるので、金利の低い専用のカードを別途用意したほうがいいとのこと。 先輩おすすめの低金利のローンに、早速申し込むことにしました。

最初から大きめの金額を設定

ちょうど中古車を買いたかった時期だったので、気になっている中古車が買えるよう60万円で申し込みをしたのです。 年収は300万円の見込みでしたが、まだ初任給をもらったばかりの時期でした。 50万円超しの場合は収入証明書の提出が必要とのことで、本来は前年度の源泉徴収票のところ、初めてもらった給与明細を提出したのです。 その結果、審査に通ったのは50万円でしたが、中古車は少し貯金を足して、ギリギリで買うことができました。

入社4年目で限度額をアップ

その当時、先輩となぜ希望額が通らなかったか話したのですが、おそらくは新卒の離職率が高いため、継続性が疑問視されたことと、ボーナスの金額が不明だったからではと推測できました。 そこで、入社4年目に入り、昇給もした段階で、今度は結婚費用のねん出のため100万円の限度額にチャレンジしたのです。 限度額の変更による審査を受けることになりましたが、その際の収入はボーナス込みで380万円、もちろん、今回は源泉徴収票も提出しました。 これまで、借りた金額は全額滞りなく返していたせいもあってか、審査はほどなくおり、無事に100万円が認められました。

カードローンのプロミスのご紹介をします。

プロミスの詳細はこちら

プロミスは来店が不要で即日も可能で融資をしてもらうことができます。スマホやパソコンからプロミスのフリーキャッシングがお申し込みできます。最短即日も可能で融資をしてもらうことが出来、銀行振込みも対応しております。

ネットでキャッシングの
お手続きが可能です。
▽ ▽ ▽

プロミス1
プロミスの申し込み詳細1

プロミスなら★平日14時までにWEB契約完了で即日融資!

★自動審査で即回答♪3項目の入力で3秒診断!

キャッシングとカードローンの相違点を考える

カードローンおよびキャッシングの両者においては、カードローンの利息が低めに設定されていると言ったような違いがあるのです。

長期に渡って分割で償還していくやり方を採用するためにこう取り決められているわけですが、そこだけでなく全体として見た場合の額についてのことも知っておくと良いでしょう。大体、に自動取引装置ですとか近場のATMなど利用する事でお金を借入するキャッシングですが、償還手段は一括払いが基本となります。けれども、この頃はリボで支払うことなどのサービスも増えている様子なので、カードローンに対する違った点は大してありません。キャッシングの方が利息が高くなるように設けてあるワケとは、一度に総てを弁済することが基本だからなのです。

まとめて弁済の場合でしたら金利を支払う事は1度だけしか発生することはありませんので、ローンよりかは高めに設けてあるという違いが生じるのです。

用途が決められた融資というものは乗用車や住宅、子どもの学費などそれぞれの使い道にだけ使うことが出来るという貸し付け金です。

ローンを何に使うかの審査が丁寧で結果が出されるまでに時間は要するのですが、それがあるのでキャッシングと異なって低めの利率での貸し付け金を受け取るということができるのです。

金銭を貸し付けて貰うことができるカードには多様なバリエーションが在ります。時代が進むに連れてカードローンとキャッシングは私達に大変手近なサービスです。

利用手段に気を付けて、より明るい生活を送るためにも有意的な利用を心がけましょう。