給料日前に助かるカードローン

給料日前に助かるカードローン

ピンチになることが多い給料日前

私はサラリーマンでそこそこの給料をもらっていますが、ちょっと気を許していると給料日前はお金がなくてピンチになることが多いです。 そのため、給料日まで何とか乗り切りたいとカードローンを利用することを考えました。 食費くらいならなんとか我慢することができるのですが、急に飲み会に誘われると断ることができません。 そんな時に利用できたらいいと思ったからです。 審査はそれほど不安に思っていませんでした。 これまで真面目に仕事をしていましたし、他に借金を作るようなこともしていなかったからです。

それでも気になる審査

大丈夫だとは思っていても、審査されるとなると気になるものです。 そこで、業界最短で結果がわかるというカードローンに申込みました。 それに、金利が低かったのも魅力でした。 結果がわかるまでの時間が業界最短というだけあって、インターネットで申込んでからだいたい30分ほどで本人確認の電話がかかってきました。 在籍確認もちょうどそれくらいの時間だったそうですから、在籍確認をして最終的にOKが出たのかもしれません。

希望の借入限度額

最初に設定された借入限度額は、希望通りの50万円でした。 総量規制というものがあるため、消費者金融からは年収の3分の1までしか借りることができません。 そこで、年収の3分の1よりさらに低い50万円で申込んだのですが、それも審査に良い影響を与えたのでしょう。 落とされればまた他のところに申込まなければならないので、一度で通過できるようによく考えて申込んだのが良かったようです。

カードローンのプロミスのご紹介をします。

プロミスの詳細はこちら

プロミスならばお金が必要なシーンでお望みの融資が受ける事が可能なため何かと便利です。インターネット申し込みを使えば、借入れが即日も可能であることにより、融資を希望している当日に申し込んだら即日も実現可能です。借り入れたい時に借りることができるのがプロミスです。

ネットでキャッシングの
お手続きが可能です。
▽ ▽ ▽

プロミス1
プロミスの申し込み詳細1

【プロミス】3項3秒診断!24時間申込みOK♪

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で≪30日間無利息≫

カードローンおよびキャッシングを比べた時のはっきりした相違点を知っておこう

キャッシングの場合割と低めの金額の融資を扱うのとはまた違い、カード融資のほうは大口借入も受け付けます。そして、こう言って異なる点と言うものは元来の構造の違いから生まれており、長期間のお金の返済を基本とするローンの性質と言えるでしょう。キャッシングと言う機能が付いたクレジットカードと言うのはお給金を貰う前のな出費など万が一の場合に便利です。

とは言っても、借り入れという感覚にならず無く元々自分のお金の様な心持ちになりがちなので、本当に必要な場面を除いてスピーディーに取り扱わないほうが良いと言えます。キャッシングが金利が高く設定されているそのワケは、一度に全額を負債を解消すると言う事が多いからでしょう。一回払いの時には、金利を払い渡す事も一回だけです。

なので、カードローンに比べて高めに設定してあると言う相違点が在るのです。

キャッシングに比べて利子の低く設けられているカードローンではありますが、使途自由な貸し付けとなると目的貸し付けと比較すると大きい利息を払うパターンになります。償却期限や利率といった各々の具体的な差について細かく知り、上手い借入先を見付けて行きましょう。例え同じ前提であるキャッシングやローンであったとしても、取り扱っている会社や商品のタイプによって手続きの手続や利子に違いが出ることもあります。ですので前もって会社それぞれの性質などを把握すれば、私たちはより思わしい手続でお金を貸して貰うことができるのです。