初めてのカードローン

初めてのカードローン

母に頼まれて

それまで、お金を借りたことはまったくなかったのですが、母に頼まれてすぐに40万円用意しなければならなくなりました。 家の自家用車が故障してしまい、買い替えるのに40万円が必要だったのです。 クレジットカードのキャッシング枠が20万円あったのですが、それでは半分しか用意できません。 そこで、初めてカードローンに申込むことにしました。 インターネットの比較サイトを見て、金利が低くて返済しやすそうなものを選んで申込んでみたのです。

カードローンの審査

できるだけその日のうちに借りられるものを選んだのですが、即日融資ができるところでも審査に通らなければ意味がありません。 自分は審査に通るのだろうかという一抹の不安がありましたが、そんな不安を感じることなく本人確認の電話がかかってきました。 これは私が考えたことなのですが、クレジットカードをよく利用していたことと、それまでお金を借りたことがなかったことが良かったのではないでしょうか。 それに、会社勤めをしてから3年間真面目に勤務していたことも評価されたのかもしれません。 カードローンは、初回の申し込みのほうが審査に通りやすいというのは本当だったようです。

借入金額

申込んですぐに利用することができ、しかも借入金額も希望通りで自分でも驚いてしまいました。 これで、母の頼みを聞くことができ、しかも母に融通しても少し余裕があります。 すべて使ってしまうようなことはせず、もしもの時のためにとっておこうと思います。 カードローンを利用することができて本当に良かったです。

カードローンのプロミスのご紹介をします。

プロミスの詳細はこちら

金融機関サービスから融資を受けるにあたって、即日も可能なところをリサーチしているのであればプロミスがおすすめです。プロミスは素早い融資を行っているので即日も可能であることによって大活躍し、多くの方に選ばれ利用されております。

ネットでキャッシングの
お手続きが可能です。
▽ ▽ ▽

プロミス1
プロミスの申し込み詳細1

【プロミス】3項3秒診断!24時間申込みOK♪

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で≪30日間無利息≫

カードローンやキャッシングにある明白な相違点とは何か

カードローンの中には用途無制限の貸付そして目的貸し付けと言った物が存在します。まず1つめ、使途制限のない融資の方はキャッシングに近く、大した違った所は無いのかもしれません。使途の制限された融資は前者と比べますと、少なめの金利での借入が可能のようです。

カードローンを利用する場合では、予め限度額が定められることがほとんどです。

そして枠を越えなければ繰り返しお金の貸付をして貰うことが出来ると言ったところもキャッシングと違っているところと言えます。月賦・リボ払いをする事で債務を減らしていくのです。

カードローンとキャッシングの大きく違っている点相違点と言うのは支払いをする際の手続と言えます。カードローンは借金を分割またはリボで払う事で返済し、他方は基本的なものは貸付してもらった額を一度に弁済することになります。2つを比べてどちらのほうが得なのかは場合によります。キャッシングに対して利率の低く定められたカードローンですが、任意用途のローンは目的がある貸し付けに比べますと幾分高金利になっているのです。

支払い期限や利息といった各々の具体的な特徴について細かく熟知して、より慎重な借り入れ方を見付けましょう。例え同じ条件のキャッシング・ローンでも、貸し付ける業者や商品の部門によって私たちがする手続きの進め方や利息の問題で異なる部分が出ることもあります。それを避けるべく予め個々の会社の特徴などを熟知しておくことで、私たちにとって今よりずっと好都合手続で貸し付けて貰うことが可能なはずです。